勉強会等の開催

当事務所で開催している勉強会・研修会等のご案内です。

定例研究会

 ■ 今月のテーマ
流通した製品等に関し、リコール等の実施のための社内措置を採らなかったことをもって企業等の構成員に業務上過失致死傷罪の成立が認められた最高裁判例
マイナンバー法(行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律について
損害回避義務・損害軽減義務違反に関する最高裁判例
労働契約法、高年齢者雇用安定法の改正と平成25年雇用
  中小企業金融円滑化法の終了と事業再生について
  共同担保目録を使用した財産調査について
取締役等の善管注意義務違反と損害賠償責任の軽減
  下請取引適正化推進月間について
  中小企業における経営の承継の円滑化に関する法律
放射性物質汚染対処特措法について
  自転車事故をめぐる法的問題点
  弁護士に対する苦情について
濫用的会社分割について
  <親権・未成年後見制度に関する平成23年民法改正/a>
  
集団消費者被害回復に係る訴訟制度
暴力団排除条例と企業コンプライアンス
  サイバー犯罪関係の刑法・刑事訴訟法改正
  家事事件手続法の制定に伴う東京家庭裁判所の運用変更

  

漁業法勉強会

由来
 本勉強会は、当事務所創設者、弁護士 故 阿部三郎先生のご発案により、2007(平成19)年6月に立ち上げた、所内外の弁護士による漁業法や水産業協同組合法に関連する判例等の研究会です。
先生は、宮城県女川町のご出身であられることもあり、漁業に対してとても深い思い入れを持たれておられました。
そして、生前、某県漁連や漁業協同組合の顧問弁護士を務められていたこともあり、当事務所の特色の一つとして、全所員が漁業法や水産業協同組合法に精通することを強く望まれるようになりました。
先生のご逝去によりしばらく休止しておりましたが、先生の熱い想いを継承すべく、2011(平成23)年11月に再び開催することとなりました。
報告内容については、こちらをご覧下さい。

Copyright(c)阿部記念法律事務所